遊戯王的海の家

遊戯王的海の家

海の家の人が適当に遊戯王のことを書いたりするブログ

1月からの海皇水精鱗について

どうもです。

 

yayayasaka.hatenadiary.jp

 

前回の記事にも書いた通り竜騎隊の緩和、FWDの規制、サラキアビス・ハリファイバーとかいうパワカ、ディニクアビスの弱体化と今までと随分状況が変わり、様々なことができるようになったのですが実際のところどれが一番いいの?ていうのに使ってる人は一度は思ったはずです。

 

というのもいろんなことはできるんですがだいたいはどれも必要札が違うので全部入れてるとメイン・エクストラ共に爆発してしまいます。またそろぞれに引きたくないカードもあるので選択肢を増やすほど素引きのリスクが上がっていきます(一応サラキアビスのコストにしてしまったりスカルデッドでメインに戻せばいいけど)。

 

なのでどれも入れるよりもどれを選ぶというのが個人的に一番大事じゃないのかなと思っています。ただでさえ波が激しいのに下振れやすくさせる構築はまずいです。

 

ということでこんなことができるよていう一例を何個か紹介してます。

また他にもオススメのカードのお話

 

 

復習 そもそも海皇水精鱗て何するの?

今一度状況が変わったのと新規さんが増えただろうから軽く説明。(今回の改訂で過去記事の大半がお亡くなりになったくらいに変わった)。

 

基本的には海皇と下級水精鱗 をコストに大型水精鱗などでアドをとっていく水属性テーマ。展開をしながら相手の盤面に触ったりさらにサーチをしたりと結構いろんなことができる。カードの細かいテキストは検索、もしくは過去記事をどうぞ(ダイレクトマーケティング)。

 

f:id:yayayasaka:20171222140326p:plain

↑悪いのはだいたいこいつでただのパワーカード。

yayayasaka.hatenadiary.jp

 

上の記事を書いたときと大きく変わったことをまとめてみます。

 

・ディニクアビスの弱体化

・貪欲な壺の準制限化

・竜騎隊の無制限化

 

一つ目はディニクアビス弱体化についてです。

f:id:yayayasaka:20171222133446p:plain

サーチ効果が任意効果になりました。それだけです。

f:id:yayayasaka:20171215175827j:plain

て思うのが普通です。というかこのエラッタが弱体化したと言われる理由がわかる方はもうこの話はとばして大丈夫です。

 

ではなぜ弱体化したのかというのは海皇のコストになった時の効果が強制効果であるからです。今まではサーチ効果が強制効果だったのでチェーンの順番が選べたんですが、現在は必ずチェーン1に海皇、チェーン2にディニクアビスとなってしまいます。

 

これの何が問題かというとこれらができなくなりました。

 

・竜星のような「このカードが◯◯された時〜」の効果のタイミングを逃せさせられない。

・スキドレ発動中に重曹兵をコストにしてもサーチできない。

(一応妨害が当たりやすくなったもあるけど通告以外基本的に手札誘発と呼ばれるカードが当てられても痛くないです。なのでこのことは個人的にはそこまで影響しないと思っている。)

 

一つ目は他のサイトやツイートで呟かれることが多かったんですが二つ目については呟かれていなかったので(他のツイートやサイトを見た感じ)書いておきます。

 

f:id:yayayasaka:20171215180856j:plain

これはコネミ。まあこれ以上掘り下げても多分戻らないのでここまで。緩和したことでの復帰勢の方は特に気をつけてください。

 

二つ目と三つ目はまとめて説明します。

要はリソースが以前よりだいぶ増えたよということです。これにより惜しみなく竜騎隊を使うことができ、何より竜騎隊が無制限なので展開の幅がかなり広がりました。

これに関しては過去記事でも同じようなことを書いてるのでそんなに書かないです。

というかムーラングレイスがめちゃくちゃ出しやすくなりました。

f:id:yayayasaka:20171222172750p:plain

ハンデスは正義。 

 

まとめると、

 

ネプト使ってメガロで腹パンして勝ち

 

とまでは言いませんが基本的にはこんな感じです。軸は変わりません。昔はこれくらいしか強みがなかった(言い過ぎな気もしなくはないが環境の中で戦うとなるとワンキルのしやすさくらいが唯一追いついてたと思ってます)ですが今はこれらの変更点で先行で制圧や長期戦にも対応できるようになったし、その基本的な動きをいかに通すかが腕の見せ所です。

 

ということで以前よりはるかにやりやすくなったので先行展開例の紹介をどうぞ。

制圧展開例

・その1 アビスマンダー採用例

f:id:yayayasaka:20171220213010p:plain

必要札 ディニクアビス・竜騎隊

手札の竜騎隊をコストにディニクSS。ディーヴァとアビスマンダーをサーチ。

ディーヴァNS、効果でネプトアビスをデッキからSS。

デッキの竜騎隊をコストに竜騎隊をサーチ、竜騎隊でメガロアビスサーチ。

アビスマンダーと竜騎隊をコストにメガロアビスをSS。メガロアビスでアビス魔法罠とムーラングレイスをサーチ。

ネプトアビスとディーヴァでリンク2をLS(基本的にはサラキアビスを出してますがハリファイバーも強いと思います)。

墓地のアビスマンダーを除外し、レベルを2あげてディニクとメガロアビスでVFD

墓地の水属性が五体(ネプト・ディーヴァ・竜騎隊×3)なので手札からムーラングレイスSSし2ハンデス

 

盤面 リンク2・VFD・ムーラン・アビス魔法罠

 

サーチするならブラックホールが怖いのでミヅチを持ってくるかな。これでだいぶ制圧できます。

 

またハンデスに特化したこんなルートも

 

・その2 グローアップ・バルブ採用例

f:id:yayayasaka:20171220213106p:plain

 必要札 ディニクアビス・竜騎隊

 手札の竜騎隊をコストにディニクSS。ディーヴァとアビスグンデサーチ。

ディーヴァNS、効果でデッキからネプトアビスをSS。

デッキの竜騎隊をコストに竜騎隊をサーチ、竜騎隊でメガロアビスサーチ。

ディニクアビスとディーヴァを素材にハリファイバーをLS。効果でデッキからバルブをSS。

手札の竜騎隊とアビスグンデをコストに手札からメガロアビスをSS。竜騎隊でムーラングレイスをサーチ、メガロでアビス魔法罠をサーチ、アビスグンデで墓地のディニクアビスを蘇生。

墓地に水属性が五体(ディーヴァ・アビスグンデ・竜騎隊×3)なのでムーランをSS。効果で2ハンデス

ディニク・ネプト・バルブでトリシューラをSS。効果を起動し1ハンデスと1墓地除外。

バルブの効果を起動し墓地からSS。メガロアビスとバルブでΩSS。

 

盤面 ハリファイバー・トリシューラ・Ω

 

これでΩ込みの4ハンデスできます。またこのルートは紹介していた人もおっしゃってた通りゴミ(素引きしたくないカード)を特別に用意する必要がないに等しいんですよね。強いていうならバルブくらい。

 

また二つのルートを混ぜ合わせた感じにすると最終盤面がムーラン経由で、サモンソーサレスVFDタイタニックギャラクシーなんかもできたりします(ちょっとエクストラの圧迫がすごいですが)。

 

今まではディニク竜騎ばかりでしたが次からは内容が変わります。

 

・その3 ジェネクスウンディーネ採用例

f:id:yayayasaka:20171222141009p:plain

このカードを使う場合はまず覚えておきたいこの動き。

必要札 ウンディーネ

メインに用意するカード コントローラー・ローズニクス・ハリファイバーで呼ぶチューナー

f:id:yayayasaka:20171222141424p:plain

展開ルート

ウンディーネNS。デッキからローズニクスをコストにコントローラーサーチ。

墓地のローズニクスを除外しトークンをSS。それを素材にリンク・スパイダーLS。

リンクスパイダーの効果を起動し、手札からコントローラーをリンク先にSS。

 

盤面 ウンディーネ・コントローラー・リンクスパイダー

ぶっちゃけ書くほどの内容でもないですが、ここからリンクスパイダーとコントローラーでハリファイバーをLSし、さらに展開をしていきます。

このルートの面白いところはこの後の展開の自由度がかなり高いことです。ハリファイバーで呼ぶチューナーやシンクロチューナーによって様々なことができます。

 

候補にありそうな出したいシンクロモンスター

・クリスタルウィングシンクロドラゴン

・ブラックローズドラゴン

・グリオンガンド

・白闘気白鯨

・白闘気双頭神龍

・Ω

などなど…

 

また上の展開ではウンディーネだけで行ったのですがここにディニクとか他のカードと絡むと…なんて考えると夢が膨らみますね。

 

コントローラー素引きが怖い?

f:id:yayayasaka:20171222143435j:plain

一応ゴウフウとかでスカル・デッドさえ出しちゃえば戻せたりするけどね…。

 

とにかくその時の状況によってかなりの応用がきくので幅広く使えるのはとてもいい利点です。

 

補足というか少し深い話 ハリファイバーで出したいチューナー

このルートのデメリットとして素引きしたくないカードが多いというのがあるんですが、その問題点を少しでも軽くしようとするならおすすめのチューナーがあるのでそれの紹介を。

 

f:id:yayayasaka:20171222150158p:plain

このカードのいいところは水属性なのと自身で相手ターンシンクロができるといいうところ。前者は素引きしても最悪手札コストにでき、後者はハリファイバーでだすシンクロチューナーの採用の幅を広げることができる。

 

これを採用することでできるのが相手ターングリオンガンドです。盤面が、

ハリファイバー・ウンディーネ・スチームシンクロンの時にハリファイバーでたつのこをSSすると、チューナー二体でレベル3が三体の盤面なので相手ターンにグリオンガンドをだすことができます。

 

ちなみにBFの方のスチームは強いことは強いんですがやっぱり闇属性なのが素引きした時めちゃくちゃ重たいんですよね。

 

他にもガエル軸やトーチ・ゴーレムなどの様々なカードが考えられるので気になったものはとにかく試してみましょう!

 

オススメのカードの話

・拮抗勝負

f:id:yayayasaka:20171222165628p:plain

これ周りではあんまり見かけないんですが、これめっちゃ強くないですか?

単純に先行ならお守りになるし後攻ならこれで盤面あけてM2にハンデスや制圧の展開に持って行く。相手がPテーマならこのカードでリソース減らさせたり。

個人的には悪夢を入れないならこれかなと。ただ悪夢と違って神カウンターを事前に消せるのもなかなか強いです。ガン伏せデッキにぶち当ててやりましょう。

 

・EMシール・イール

f:id:yayayasaka:20171222170226p:plain

単純にスペルスピード1の聖杯として使うのもいいし141があればバックも一枚封印できて必要ないならコストにできる。例えば場にいるベアトリーチェやバグースカとかに当てられるといい感じ。彼岸が多いので苦手意識があればサイドにどうぞ。もしかしたらいい動きをしてくれるかもしれません。

マイナーカードでうまぶりたい!

 

まとめの話

今回の記事はいくつかの展開ルートを紹介しました。ここにきて元も子もない話をしてしまうと、

 

Twitterとかで探してしまえば見つかると思います。

 

まあそれでも知らない人入るかもしれないのでこの記事でまとめてみました。なのでこれからも積極的に展開が発見されているかとか検索してみてください。なんなら展開を考えて欲しいです。(他力本願)

 

海皇水精鱗に活性化を!! 

 

f:id:yayayasaka:20171222175100j:plain

(ウンディーネ)止まるんじゃねえぞ…

 

〜以下1月19日追加〜

 

仲間になりたそうにこちらを見ている…

f:id:yayayasaka:20180119160338p:plain

f:id:yayayasaka:20180119160420p:plain

 

何か間違いや誤字、感想などあればツイッターのアカウントの方などにリプを送ってくれると喜びます。アカウントはこちら

 

 ↓よろしければクリックお願いします


人気ブログランキング

海皇水精鱗視点だけで見る制限改訂(2018/1/1)

新しい制限改訂出ましたね。

 

 

ということで今回の制限改訂を海皇水精鱗視点から解説する記事です。あまり時間かけてないので誤字も多いし内容もそこまで深くないです。

 

ところで

 

 

 

 

 

 

この記事需要あるの?

 

その1 祝 海皇の竜騎隊緩和

f:id:yayayasaka:20170829224347j:plain 

 こんなこといってるやつなので正直かなり驚きました。

実際判明した当初は喜びより疑いの方が強かったです。これによってどうなったかというと

 

1) 竜騎隊のリソースを気にせず使える

2) 強欲で貪欲な壺の採用がワンチャン

3) ディニク竜騎隊でアバレ

 

1)は今までに加えて一枚増えたことでネプト起動時にコスト竜騎隊で竜騎隊をサーチすることがよりやりやすくなります。その後に竜騎隊がもう1枚デッキにあると考えると安心感が段違いです。あと初手に竜騎隊二枚抱えても大丈夫になりました。というか貪欲な壺も今では準制限なので単純に9枚ぶんあると考えたらだいぶワクワクしますね。

 

2)は海皇の竜騎隊が飛びにくくなったので割とありなのでは?と個人的に思っている1枚です。2枚の頃でもピンで入ってたりしたので枠さえあればありなのかもしれないです。

 

3)はこの後のにも話すことに関係するのですが、竜騎隊が3枚になったことでディニク竜騎隊でサラキ(アビスケイル◯◯装備)・VFD・ムーランができるようになりました。他にも多分展開手段はかなり広がると思います。流行りのハリファイバーを絡めたりとか考えると楽しそうです(小並感)。あと竜騎隊の枚数が増えたのでムーランを絡めやすくなりました。

 …🤔

水精鱗もしかして大人気テーマになった?(多分霊神テーマが新規にあるからだと思うけど)

 

とにかく僕は展開を考えるの苦手なんでみんな考えてください!(他力本願)

 

 

その2 FWD制限

 

とうとう制限ですね。

 

やったぜ。

 

制限になったので、植物などの先行ワンキルがかなりしにくそうになりました。

でこれが一体どう海皇水精鱗と関係しているのかというと、水精鱗先行展開の一つが死にました。

 

過去記事見てもらえたらわかると思いますが結構強いんですよね(Gに弱いのはいつものこと)。

 

もし生きていたら盤面固めながら手札にメガロとディーヴァを抱えながらデッキに竜騎隊を一枚残しておく、みたいなことができたのに…。

 

 

 

ところでなんで一枚使えるんですか?(FWD禁止派)

 

総括

 時間もあまりかけられないなかで書いたのでかなり薄い内容の記事ですが言いたいことは、

 

竜騎隊が3枚使えることを素直に喜びましょう!

 

実際フリーしていると、竜騎隊無制限やサラキアビス、貪欲な壺準制限などにより以前よりかなり持久戦にも戦えるデッキになったと思います。年末あたりに新環境での展開などについてまとめた記事を書きたいとと思っています。

 

あとSPYRALがかなり規制されたので誘発必須環境が少しましになったらいいなというのが僕の今後の願いです。

 

何か間違いや誤字、感想などあればツイッターのアカウントの方にリプを送ってくれると喜びます。アカウントはこちら

 

 ↓よろしければクリックお願いします


人気ブログランキング

LINK VRAINS PACK発売前の海皇水精鱗先行展開のおさらい

今週の土曜日の25日にいよいよLINK VRAINS PACKの発売ですね。


Yu-Gi-Oh! LINK VRAINS Pack CM Eng Subbed [遊戯王 リンク・ヴレインズ・パック]

 媚を売る

f:id:yayayasaka:20171118223150p:plain

 

「え、重装兵再録?ディニクがレアじゃないってことはもしかしてディニクは再録しないの?」

 

まあこういうのは置いといて新規カードを改めて確認。

f:id:yayayasaka:20171118223549j:plain

水精鱗-サラキアビス

水属性 海竜族 LINK2(右下・左下) ATK/1600

魚族・海竜族・水族モンスター2体

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

②:相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。

③:このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

f:id:yayayasaka:20171118225631j:plain

 

いや、イラストはどうでもいいです。性能の話です。

 

強いですね。最悪妨害されてもサラキに着地させたら次のターンのリソースを確保しながら手札に重装兵や狙撃兵があれば妨害もできます。ちなみに③の効果は自爆しに行った場合発動しません。あくまでも相手に破壊してもらわないと発動しないです。(「精霊獣使い ウィンダ」とは別ということ)

 

相手ターンに動くける数少ないモンスター(欲を言うと自分のターンにもサーチしたかったし捨てるコストではないのは完全にミス)で今までなかったタイプ。ぶっ壊れが多く、汎用性がないのでまんまりと思うかもしれませんが、テーマ強化としては十分な性能です!

 

と言うか海皇水精鱗でも先行を強く取れるようになったので先行に欲しいカードがあったような…。

f:id:yayayasaka:20171118233415j:plain

 

ディーヴァ一枚で先行2ハンデス。さらに上振れたら虹光のおまけつき。2015年環境の海皇水精鱗の先行のお供。

 

なので2015年環境の先行展開について改めて勉強しようと検索してみました。(私が海皇水精鱗を触り始めたのは青眼・DD環境からなのでディーヴァガン積みの喜びを知らないしその当時の主流の展開ルートはうろ覚え)

 

 

全然出てこねえ!!!

 

前の記事で軽く書いたのはあるけどあてにならないし…。

 

とりあえずムーランは置いといて他の先行札は…。

 

f:id:yayayasaka:20171119005010j:plain

 

これで現代遊戯王の人権を得られます。

f:id:yayayasaka:20171119005242j:plain

結局FWDじゃないか…。いやあるものは使わないと勿体無いので新しい風はどんどん取り入れるべきだと思います(まあいつもFWDぐるぐるにはもううんざりだし早く規制して欲しいですが…トーチは消えろ)。

 

て言うか海皇水精鱗てジェネクスウンディーネも入れてたのがあったな。

f:id:yayayasaka:20171119005921j:plain

い つ も の

もはや現代遊戯王ソリティアで見ない日がないこいつ。

 

 

て言うかその昔真竜皇海皇水精鱗なんてもの使ってたなぁ…。

f:id:yayayasaka:20171119213401j:plain  f:id:yayayasaka:20171119213417j:plain

 

と言うことで改めて色々漁ったり参考にしたりで先行展開についてまとめます。

 

その1 FWDを使う展開

その昔の記事でも取り上げたもの。

 

yayayasaka.hatenadiary.jp

 (ネプトor竜騎隊) + ディニクから始まり相手を封殺する。このルートの強みは最終的に展開に使ったリソースを場のカードで回収でき、次のターン全力でキルを狙いにいけます。

f:id:yayayasaka:20171119135922j:plain

f:id:yayayasaka:20171119140000j:plain

これらのルートはバハムートシャークのコストの竜騎隊と餅カエルでリソースを最終的に確保できるので、手札にはネプトとメガロを持ってターンをむかえることができます。

 

しかしデメリットもあり、それはエクストラの大量消費です。なんとネプト・ディニクのルートは10枚分も展開に枠を割くことになります。なんで実質エクストラ5枚で戦うこととなるので苦渋の選択をしいられます。ですが他にもリンクモンスターが増えれば増えるほど様々な展開が考えられ、伸び代はあります。トマホークは持ち得です。

 

追記 2018年1月1日からFWDが制限になったのでこの展開は不可能になりました。ですので参考程度にしてください。

その2 ハリファイバーを使う展開

ハリファイバーを採用する場合以下のカードをメインに入れることが考えられます。

 

・必須枠

f:id:yayayasaka:20171119141411j:plain  f:id:yayayasaka:20171119141422j:plain

 

ジェネクスウンディーネ

水属性 水族 ATK/1200 DEF/600

このカードが召喚に成功した時、自分のデッキに存在する水属性モンスターを墓地に送ることで、「ジェネクス・コントローラー」1体を手札に加える。

ジェネクス・コントローラーはチューナーです。

 

f:id:yayayasaka:20171119142121j:plain

ローズ二クスを墓地に落としてジェネクスコントローラーサーチ。ローズニクス墓地効果でトークン生成し、リンクスパイダーをLS。リンクスパイダー効果で手札のジェネクス・コントローラーをSS。ジェネクス・コントローラーとリンクスパイダーでハリファイバーをLS。これがハリファイバーの基本展開。

 

ここからBF-隠れ蓑のスチームをSSしなんやかんやできます。(正直全部書いてたらきりないし、なんでもできるのでこれと言う正解はないと思ってます。て言うか解説できるほどこのルートを考えてないです。理由はこのトピックの最後に)

 

またディニク竜騎隊でもハリファイバーをメインにした展開法があります。

 

すごい(語彙力不足)。

 

ただこのハリファイバーを入れるとデメリットもあり、とにかく素引きしたくないカードが多いんです!

・ジェネコン

・ローズニクス

・BFスチーム

・スチームシンクロン

ただでさえアビスメイルカードや下級水精鱗などの極力引きたくないカードに加えこれらも引いたらやばいと言う大きな問題があります。

 

芸人体質の人には確実に回せないですね。

f:id:yayayasaka:20171119214538j:plain

(少なくとも僕には絶対に無理)

 

自覚のある人ならめっちゃ強そうと言うのが僕の感想です。なんだかんだ言ってもウンディーネ一枚だけでも動けるのは強いですね。

その3 VFDを使う

上でみたこのカード

f:id:yayayasaka:20171119213417j:plain

誰? 

水精鱗-アビスマンダー

水属性 魚族 ATK/100 DEF/2000

墓地のこのカードを除外し、以下の効果から一つを洗濯して発動できる。

●自分フィールド上の全ての「水精鱗」と名のついたモンスターのレベルを1つあげる。

●自分フィールド上の全ての「水精鱗」と名のついたモンスターのレベルを2つあげる。

墓地に落ちて発動するモンスター。弱い…弱くない?

 

と思ったと思います。しかしこのカードを使うことで強力なモンスターを出すことができます。

f:id:yayayasaka:20171119213401j:plain f:id:yayayasaka:20171119220458j:plain

ここにサラキアビスや虹光やムーランが並ぶと強そうに見えませんか?

 

サラキVFDでも強いですがムーランもだしたい!そう思い自分でも色々探して見ました。

 

↑正確には、

・ディニク+水属性+ディーヴァ

・ディニク+竜騎隊+(ムーランorメガロ)

・ディニク+ネプト+(ムーランorメガロ)+(マンダーorグンデ)

でした、すみません!

僕はルートを考えるのが苦手なのでこれくらいしか思いつきませんでしたがもう少しありそうな気がする(竜騎隊が3枚使えたらディニク竜騎隊でいけますが)。

 

これの特徴は盤面の制圧力は他より低いですが、展開のための特別な必要札がとにかく少ないです。アビスマンダーさえあれば基本的に普段から使っているカードだけでできるようになります。あとアビスマンダーを採用すると墓地の水属性の数が少し調整しやすいです。

 

しかしこれにもデメリットがあり、上で書いた盤面を他に比べ制圧できないこととサラキアビスを水属性以外にしてしまう必要性がたまにあること、そして何よりリソース回復が貪欲の壺任せになってしまいます。竜騎隊を使い切るのでまくられるとかなりきついです。 

 

最後に

よくある新規カードをみて「このカードみて○○使おうと思ってる人は○○使いとは認めない!」みたいな人がいますが私個人としてはむしろ歓迎です(サラキアビスみて海皇水精鱗を使おうと思う人は少なそうですが)。人口が多くないとそのテーマの活性化しにくいですから新規さんにはもっと深くハマってほしいですし展開とか考えてほしいです!(丸投げ)

 

もしこの記事を見た方で海皇水精鱗初めてでわからないことが多いなと思った方は是非ともこの記事を…。

 

yayayasaka.hatenadiary.jp

 (ダイレクトマーケティング)

 

新しいテーマも増えてきた10期ですがこれからも荒波に耐えて頑張っていきましょう!祈れば竜騎隊が帰ってくるかもしれません!

f:id:yayayasaka:20171119222950j:plain

過去ないほどの一強テーマ

f:id:yayayasaka:20171119223053j:plain

お手軽リンク召喚

f:id:yayayasaka:20171119223202j:plain f:id:yayayasaka:20171119223219j:plain

今では必須の手札誘発

 

 

f:id:yayayasaka:20171119223328j:plain

 

今回引用させていただいた方々ありがとうございます。

 

何か間違いや誤字、感想などあればツイッターのアカウントの方にリプを送ってくれると喜びます。アカウントはこちら

 

 ↓よろしければクリックお願いします


人気ブログランキング

ガエルバジェノススメ

今期はSPYRALという環境トップが成績を残しまくるという一強環境なのですが、この記事ではそんな一強環境にワンチャンあると思ったガエルバジェのご紹介。

 

f:id:yayayasaka:20171027170529j:plain

正直ガチで勝ちに行くならSPYRAL使うのが安パイですが水属性テーマじゃないので紹介しないし他の人が山ほど記事を書いてます。物好きな方が参考にしてくれるとありがたいです。

そもそもなぜガエルバジェなのか

まずなぜガエルバジェなのかというのを個人的な考えをいくつか挙げてみます。

 

1)環境でよく使われる手札誘発がそこまで怖くない。

2)SPYRALを含めた環境でよく見るテーマに対して様々なメタをメインから投入できる。

3)環境デッキに比べて異星の最終戦士、バグースカでゲームエンドになることが少ない。

 

1)はうららやGやさくらなどのことで、SPYRALに強いカードは永続罠なのでうさぎ以外はまず当てられることはないです。むしろこれらよりツインツイスターや拮抗勝負の方が怖いです。つまり相手のメインには死に札が、こっちのメインにはメタカードが入れられなおかつそれらの解決札は基本的にはサイドのみ、これらからマッチ一戦目はかなりの確率でゲームを有利に進めることができます。

 

2)は上にも書いたようにメインから強い永続罠を大量に投入することができ、相手の展開を徹底的に妨害することができます。また後攻でもうまいこと当てることで盤面を崩壊させることもできるカードもあります。先行ボルテックスはサレンダーしましょう

 

3)これはバージェストマを採用することでメインからモンスターに頼らずに除去や無力化することができるのはこの環境では大きな強みの一つだと思います。

 

エルバジェの強みとなるカード

群雄割拠 御前試合

f:id:yayayasaka:20171027173241j:plain f:id:yayayasaka:20171027173305j:plain

群雄割拠が種族、御前試合は属性に関して互いのプレイヤーは場のモンスターを統一しないといけないように縛るカード。先行の際はダブルヘリックスを出させないように、また後攻の時にはトライゲートウィザードとボルティックスを避けて発動すると相手の盤面を崩すことができます。また事故ている際にやりがちなジーニアス→リンクリボーの時に当てると基本的にゲームに勝てるでしょう。

 

手違い

f:id:yayayasaka:20171027173944j:plain

互いにデッキからカードのサーチをできなくするカード。サーチの多いSPYRALを一枚で封殺できるカード。先行で持っているとめちゃくちゃ強い。ただしダンディが怖いので他のカードで守れるように。なかったら相手も初手に持ってないことを祈りましょう。

 

醒めない悪夢

f:id:yayayasaka:20171027174555j:plain

1000LP払うことでフィールド上の表側表示の魔法罠1枚を破壊するカード。フィールド魔法やビック・レッド。他テーマのペンデュラムを封殺するカード。これだけでもなかなかの制圧力がある。

 

魔封じの芳香 マジック・ディフレクター

f:id:yayayasaka:20171027175257j:plain f:id:yayayasaka:20171027175330j:plain

これらも醒めない悪夢と同じような役割のカード。ただし魔封じ発動に盆回しでチェーンされた場合伏せられた場魔法はそのターン発動できるので注意。マジック・ディフレクターはサイチェン後のツインツイスターなどのバック除去を止められる数少ないカード。魔封じはペンデュラム、マジック・ディフレクターはHELOに対して強いのでサイドチェンジで醒めない悪夢などと調整します。

 

豪雨の結界像

f:id:yayayasaka:20171027180103j:plain

環境テーマに水属性のカードは基本的にはいないので全然採用ありのカード。餅魔知豪雨の盤面が作れた時は負ける気がしないです(負けないとは言ってない)。魔知ガエルとセットで初めて強いのでない場合はバージェストマ罠で守りましょう。

 

メインギミックとなるカード

エルバジェは2016年のABC環境にも顔を出していたので、みなさん知っていると思うのでがっつり紹介はしませんが復習程度に一応。

 

鬼ガエル 魔知ガエル 粋カエル

f:id:yayayasaka:20171027224123j:plainf:id:yayayasaka:20171027224225j:plainf:id:yayayasaka:20171027224321j:plain

ガエル三種の神器。鬼ガエルは初動最強カード。魔知ガエルは攻撃を誘導できロック、そして破壊されたら鬼ガエルをサーチできます。そして墓地のガエルを使って粋カエルでさらに展開。それぞれ3枚、3枚、2枚で固定だと思います。

 

バージェストマ罠

f:id:yayayasaka:20171027225321j:plain f:id:yayayasaka:20171027225432j:plain

 

f:id:yayayasaka:20171027225524j:plain f:id:yayayasaka:20171027225603j:plain

オレノイデスはサイクロン。ディノミスクスは表側のカードを対象とし、一枚除外し手札を一枚捨てる。カナディアは月の書。マーレラはデッキから罠を落とす。これらの枚数は正直好みでかなり変わると思うので自分で適切な枚数を探して欲しいです。ただRESORTで対象が取れなくなるのでその辺りは注意。

 

迷い風 ブレイクスルー・スキル

f:id:yayayasaka:20171027230303j:plain f:id:yayayasaka:20171027230337j:plain

ここも好み。当てたいのはエンフェや異星の最終戦士、ブラックローズドラゴン、ダークロウに当てたい。特にブラックローズドラゴンは逆転の可能性を許してしまう可能性があるので注意。マーレラで落とすのも全然あり。

 

ドローソース類

f:id:yayayasaka:20171027231114j:plain f:id:yayayasaka:20171027231214j:plain

f:id:yayayasaka:20171027231234j:plain f:id:yayayasaka:20171027231300j:plain

壺は知っていると思うので割愛。ピカイアは手札のバージェストマを捨てて発動し2枚引く。欲張りは2枚引きドローフェイズを2回スキップする。強謙は特殊召喚できなくなるのが痛い。強貪はガエルカードが飛べば飛ぶほど辛く、特に粋が飛び切った時は勝ちがかなり遠のく。欲張りの下ぶれると本当に弱いが、ダブればダブルほどデメリットが消える。これらも正直好みなので自分にあったものを選びましょう。ちなみに私は王道を征く欲張り3枚です。手違い2枚や魔封じ2枚とかよく引くけど

 

餅カエル

f:id:yayayasaka:20171027232302j:plain

ぶっ壊れ。オリカ。過労死。このデッキのエースであり、エクストラから出てくるモンスターの体感8割以上はこいつ。制限カードでも自身の効果でエクストラデッキに帰るのでほとんど関係ない。あとイラストの煽り性能が高い。私は大好きなカードです。

 

バージェストマ・オパピニア

f:id:yayayasaka:20171027232811j:plain

ここにうららを投げてもらえたら爆アド。基本的には神のカウンターを当てさせたり、展開補助に使ったり。ただマスター・ボーイが出るまではあまり出すことはないのかもしれない。

 

バージェストマ・アノマロカリス

f:id:yayayasaka:20171027233320j:plain

このデッキのフィニッシャー。このカードをだす余裕ができた時は基本的にゲームは勝ちです。実際制圧力はかなりのもの。それこそ相手は「オイオイオイ、死ぬわオレ」状態。

 

異星の最終戦士 デビル・フランケン

f:id:yayayasaka:20171027234041j:plain f:id:yayayasaka:20171027234053j:plain

今期の流行り。デビフラは最悪バージェストマエクシーズモンスターの素材にしてしまうことも。最終戦士とバージェストマモンスターが並んだ時点で基本的に勝ち。

 

最後に

エルバジェはメインの対面は非常に有利ですがサイドチェンジ後はツインツイスターと拮抗勝負が間違いなく飛んでくるのでそれらをどのようにケアするかが腕の見せ所です。記事を読んで興味の出た方は是非とも組んでみてください。

 

何か間違いや誤字、感想などあればツイッターのアカウントの方にリプを送ってくれると喜びます。アカウントはこちら


遊戯王ランキング

今日から始める海皇水精鱗 その4 派生・メタ編

前回の記事を見ていない方は是非とも

yayayasaka.hatenadiary.jp 

海皇水精鱗はある程度派生があるのでその一部を紹介

 

ガエル型

f:id:yayayasaka:20170919210419j:plain

写真のレシピは2017年6月くらいの構築。ガエル三種の神器をメインに入れ、相手の手札誘発をガエルに当てさせ、ネプトなどの海皇を通しやすくするというもの。ガエルパーツは鬼ガエル、魔知ガエル、粋カエルの3種類をそれぞれ3枚、2〜3枚、1〜2枚くらいが一番コンパクトに入れられると思います。個人的には3:3:1が一番いいかなと思ってます。あと写真には載ってませんが「神騎セイントレア」は絶対にいるので買いましょう。

 

強み

・餅カエルが使える。墓地に落ちた水属性を回収できる。

・マネキンなどの優秀なランク2を扱いやすい。

・メインに水属性が増やせるので強欲なウツボを入れて事故率を下げやすくできる。

弱み

・メインのモンスターだけで30枚を軽く超える。

・手札の消費がさらに激しくなる。

・鬼ガエルの手札コストで海皇の効果が発動しない(召喚のコストのため)。

 

リンク型

f:id:yayayasaka:20170919211507j:plain

f:id:yayayasaka:20170919211540j:plain

このレシピは2017年8月くらいの構築。メインは普通の海皇水精鱗と基本的には変わらないんですが注目してもらいたいのはエクストラ。実は15枚中10枚がリンクソリティア用となっています。実際これでCSに出たんですが一番下の5枚でも十分に戦えます(勝てたとは言ってない)。ソリティア展開ルートはネプトor竜騎隊+ディニクで始まります。

実際にこんな感じになります。またディニクネプトの場合は、ムーラン餅バハシャFWD×2(どちらも使用済み)となります。しかも残りはメガロとネプトが確定にできるのでかなり強いと思います。個人的には今のところはリンク型は一番おすすめです。

 

強み

・先行にも強くなれる。

・あまりがちのエクストラを無駄なく使える。

・リンクが多いので誘発を当てられた時のケアがしやすい。

・メインは基本的にそのままでもよい。

弱み

・エクストラの対応力が下がる。

・先行を取った際に初動札がないと完全にお通夜状態になる。

・竜騎隊を全て消費してしまう。(最後まで展開できればあまり気にならない)

 

 

他にもネクロスを混ぜたネクロス海皇やAF海皇も存在してますが、とりあえず私が使用したことのある二つを紹介させていただきました。また次のパックの新規モンスターの登場で簡易融合搭載型は結構熱く、今後の海皇水精鱗の主流となるかもしれません。

 

↑めっちゃ強い新規

メタ編

なにが刺さるのと言われたら手札誘発と答えるのですが、海皇水精鱗をさわったことのない人はどこに投げればいいのかがわからないという人が多いです。実際対戦していてうららの投げどころ間違っているなと思うことが結構あります。なのでどこに投げられたら一番辛いのかを今から個人的な意見で書きます。

 

うらら・スカルマイスター

基本的にはネプトのコストで落ちた竜騎隊に投げるのがいいです。ただ手札にディニクorメガロを持たれていた場合そのうらら・スカルマイスターはケアされることがあるのでケアされたら諦めましょう。

うさぎ・γ

メガロの二回攻撃の効果発動時に当てると基本的に死にます。

増G

投げても基本的にはつっぱされるので頑張ってうさぎを引きましょう。引いたら勝ちです。

DDクロウ

ネプトの蘇生効果の対象を除外したら基本的にはワンキルされないでしょう。返しでワンキルしてください。

ヴェーラー

ディーヴァかネプトのサーチに。メガロに投げるとめんどくさいことになります。

ドロバ

ネプトのサーチ後に投げるとチェーンの関係上竜騎隊が不発に。基本的にはどのタイミングで投げても止まります。

 

他にも召喚反応系の除去札もおすすめです。

 

最後に

初めての海皇水精鱗シリーズはとりあえずこれで終わりとさせてもらいます。これからは新しいカードが海皇水精鱗に活かせそうならそれを記事にしていきたいと思ってます。LINK VRAINS PACKで海皇が選ばれるとまた記事を書きまくるかもしれませんw

 

ここまで全部で4つの記事全てを読んでくれた方々ありがとうございます。少しでも海皇水精鱗に興味を持っていただけたら幸いですし、海皇水精鱗を始めましたなんて人がいてくれたら泣いて喜びます。みなさん是非とも対戦相手をワンキルしまくりましょう!

 


遊戯王ランキング

今日から始める海皇水精鱗 その3 展開紹介編

前回の記事の続き。海皇水精鱗のテキストを知っている前提なので知らない方は調べながらか過去記事を見ながら読んでみてください。

 

yayayasaka.hatenadiary.jp

 

通常召喚を「ns」、特殊召喚を「ss」とします。

 ワンキルルート

初動 ネプトアビス + 水属性モンスター1枚

ネプトアビスnsネプトアビスの効果をデッキの竜騎隊をコストに起動し、海皇モンスターをサーチ。処理後コストにされた竜騎隊の効果でメガロアビスをサーチ。手札のメガロアビスの効果を手札の水属性モンスター1体と海皇モンスター1体をコストにss。メガロアビスの効果でアビス魔法罠をサーチ(基本的にはアビスケイル◯◯(装備魔法でATKを800アップ))しメガロアビスに装備。メガロアビスの効果を場のネプトアビスをリリースし発動。ネプトアビスの効果で墓地の竜騎隊をss。

 

最終盤面 メガロアビス(二回攻撃可) + 竜騎隊 + アビス魔法罠

 

最終盤面はぱっとみ少なくてこんなものかと思うかもしれないが、基本的にはサーチした魔法罠が装備魔法なのでメガロアビスの打点は3200となるので全てダイレクトアタックすると総火力は8200となります。しかもネプトアビスのサーチによって相手のカードを破壊したりさらにサーチしたりできるので相手の場はがら空きとなることが多いので全てダイレクトアタックはよくあることです。これが海皇水精鱗最大の強みであり、初動二枚で相手の場をあけていきながら8000以上の火力を与えることです。次はシンクロを絡められるルート。

 

初動 ネプトアビス + 海皇の重装兵 or 海皇の竜騎隊 or メガロアビス

ネプトアビスnsデッキの海皇の竜騎隊Aをコストに効果を起動し、初動の組み合わせが重装兵の場合海皇の竜騎隊Bをサーチし海皇の竜騎隊Aでメガロアビスをサーチ、海皇の竜騎隊の場合海皇の重装兵をサーチし海皇の竜騎隊Aでメガロアビスをサーチ、メガロアビスの場合海皇の竜騎隊か海皇の重装兵をサーチ(ケアのことを考えると海皇の竜騎隊をサーチする方がいい)し海皇の竜騎隊Aで先ほどサーチしていない方をサーチする。(この時手札はメガロアビスと重装兵と竜騎隊となっている。)手札の海皇の重装兵と海皇の竜騎隊をコストにメガロアビスをss。コストになった海皇の竜騎隊で深海のディーヴァをサーチ。メガロアビスを場のネプトアビスをコストに効果起動。ネプトアビスの効果で墓地の海皇の重装兵をss。深海のディーヴァns。

 

深海のディーヴァでさらにモンスターをssし、シンクロへと繋げていける。これでさらに相手の場をあけていきワンキルすることができる。

 

ムーランルート

ムーランルートは初手にディーヴァと水属性モンスター1体でムーラングレイスとメガロアビスと+αがでるというルートです。

 

ディーヴァns効果でネプトアビスss。デッキの竜騎隊をコストにネプトアビス効果を起動し、竜騎隊2枚目をサーチ。コストにされた竜騎隊の効果でメガロアビスをサーチ。手札の竜騎隊と水属性モンスターをコストにメガロアビスの効果を起動しss。コストにされた竜騎隊の効果でムーラングレイスをサーチ。

 

この時点で

場にはメガロアビス、ネプトアビス、ディーヴァ

墓地に竜騎隊、竜騎隊、水属性モンスター

手札にムーラングレイス

となっているので例えばディーヴァとネプトアビスでマスターボーイをリンク召喚すると墓地に水属性は五体となっているのでムーラングレイスが出せるようになる。他にもたつのこをシンクロ召喚したり、他の手札を組み合わせて展開しムーランを出したりできます。

 

最後に

 

今までの展開は基本的な展開であり、実際にカードを触りながらやってみると難しい展開ではないです(文章だと難しかったかもしれません…ごめんなさい)。またエクストラデッキをリンクに寄せると先行でソリティアできる展開もあり、検索すると動画が出ると思うのでみてみてください。文章ではかなり長くなってしまいます。海皇水精鱗を使う際はこれらの展開をいかにして通すかが腕の見せ所であり、どのカードにうららを当てさせるかなどがものすごく大事です。

 

とにかく初手を眺めてどのように動くのがいいのかを考えることを繰り返してみましょう!!ポイントとしてはディニクアビスをいかにうまく使えるかだと思います。

 

 

召喚権を使わずにディニクアビスもネプトアビスもサーチできるような新規出ないかな…

 


遊戯王ランキング

 

 次の記事です。

yayayasaka.hatenadiary.jp

 

今日から始める海皇水精鱗 その2 カード紹介編

まず海皇水精鱗てなんだよて人は過去記事を是非ともご覧ください。

 

yayayasaka.hatenadiary.jp

 

 

今回は海皇水精鱗の愉快な仲間たちの紹介。ここでは効果の要点をまとめて説明するので詳しいテキストは調べてください。

 

海皇のカード

海皇の竜騎隊

f:id:yayayasaka:20170829224347j:plain

 ・表側表示で存在する限りレベル3以下の海竜族モンスターはダイレクトアタックできる。

・水属性の効果発動のコストになり、墓地に送られた時「海皇の竜騎隊」以外の海竜族モンスターを手札に加える。

 

基本的に手札からコストを払うデッキなので、このカードをコストにすることで手札が減らなくなる優秀なカード。なので2017年8月末では準制限カードとなっている。手札、デッキ、墓地の何処にも一枚はいて欲しいので過労死枠。初手にこのカードを全て引いてしまい、なおかつコストにできなかかったらそのゲームはだいたい負けます。永続効果の方は使われることが少ないです。

 

海皇の狙撃兵

f:id:yayayasaka:20170829230328j:plain

・このカード相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、デッキからレベル4以下の「海皇」と名のついた海竜族モンスターを特殊召喚できる。

・水属性の効果発動のコストになり、墓地に送られた時、相手のセットされたカードを対象に取り破壊する。

 

デッキからリクルートする効果とセットカードを破壊する効果を持つカード。とりあえずで相手の場を開けてこのカードでダイレクトアタックし、ネプトアビスを特殊召喚し手札を整えたり、次で紹介する重装兵をだし、メイン2で新たにモンスターを通常召喚したりなどと縁の下の力持ち的存在。破壊効果は対象に取ったカードが処理までに表になった場合、対象に取ったカードは破壊されないので注意。

 

海皇の重装兵

f:id:yayayasaka:20170829232218j:plain

 ・表側表示で存在する限りメインフェイズ中一度だけ通常召喚に加えレベル4以下の海竜族モンスター1体召喚できる。

・水属性の効果発動のコストになり、墓地に送られた時、相手の表側表示カードを対象に取り破壊する。

 

自分の体感だと一番コストにされているカード。また召喚権が増えるのでこのカードともう1体のモンスターでエクシーズやシンクロなどにできるのでかなり使用する。

 

海皇子 ネプトアビス

f:id:yayayasaka:20170829233746j:plain

・名称ターン1で、「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」モンスターをデッキから墓地に送ることで発動でき、「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」カードを手札に加える。

・名称ターン1で、このカードが水属性の効果発動のコストになり、墓地に送られた時、「海皇子 ネプトアビス」以外の「海皇」モンスター1体を墓地から特殊召喚する。

 

問題のカード。だいたいこいつが今でも戦える理由となっており、海皇水精鱗の核となる。起動効果ではネプトアビス以外の好きな海皇モンスターを墓地に送り海皇カードをサーチできるためサーチと除去、または二枚サーチと選択できる。またコストになったら墓地から海皇モンスターを蘇生できるのでアタッカーを増やしたり、展開の補助する効果となっている。他海皇モンスターに比べカードパワー頭一つ高く基本的にこのカードを以下に引き寄せ、妨害されないようにプレイするかが海皇水精鱗の基本となる。

 

 

海皇モンスターのコストにされた時の効果は全て強制効果なので対象がなくても発動するためチェーンの組み方で妨害をケアしたりすることができる。例えば、相手の場にカードがない状態でも、重装兵と竜騎隊をコストにした際はチェーン1に龍騎隊、チェーン2に重装兵とすることができ、こうすることで竜騎隊のサーチが灰流うららのような妨害を受けずにサーチすることができる。また強制効果なので真竜のような破壊されたら何かしら発動するような相手に対しては何をコストにして効果を発動するかがとても重要になる。

 

とりあえず竜騎隊2枚、重装兵3枚、狙撃兵2枚、ネプトアビス3枚買っておけばいいと思う。初手に海皇ばかり引くとネプトアビスの効果起動できる回数が減るので避けたい。祈ろう。

 

 

水精鱗のカード

水精鱗ーメガロアビス

f:id:yayayasaka:20170830001829j:plain

・手札のこのカード以外の水属性モンスター2体も墓地に捨てることで発動でき、このモンスターを特殊召喚できる。またこの効果で特殊召喚に成功した時、デッキから「アビス」と名のついた魔法・罠カードを手札に加えることができる。

・場の攻撃表示の水属性モンスター1体をリリースして発動でき、このターンのバトルフェイズ中二回攻撃できる。

 

海皇水精鱗のエースアタッカーであり、幽鬼うさぎをすごい勢いで引き寄せる。サーチするカードは基本的には装備魔法(アビスケイルー◯◯)でメガロアビスの打点をあげるのに使う。二回攻撃の効果はバトルフェイズの行なえないターンは発動できず、また二回攻撃できる状態にならない限り何度でも発動できる。

例えばスキドレが発動してる場で、場にメガロ、ネプトアビス、墓地に重装兵がいるとすると、まずネプトアビスをリリースし効果を発動。しかしスキドレのせいで二回攻撃できる状態にならないが、ネプトアビスのコストになった時の蘇生効果が発動し、重装兵が蘇生できる。そしてその重装兵をリリースし、もう一度発動し、また無効にされるが重装兵の効果が発動できスキルドレインを破壊することができる。

 

水精鱗ーディニクアビス

f:id:yayayasaka:20170902214806j:plain

・手札のこのカード以外の水属性モンスター1体を墓地に捨てることで発動でき、このモンスターを特殊召喚する。

・名称ターン1で、自身の効果で特殊召喚に成功した時、デッキからレベル4以下の「水精鱗」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 

アメリカ出身の強いやつ。初動に使え、また展開するのもケアをするのにも欠かせない海皇水精鱗でもっとも働く仕事人。他のカードと組み合わせることで除去もサーチも蘇生もできる。また自身の効果で手札の水属性モンスターを補給できる効果がとても強く、コストが枯渇しにくくなる。正直ここで一つ一つ強いのを紹介してもキリがないのでとりあえずめっちゃ強いんだと思ってもらったらそれでいいです。昔は制限にもなったが現在では無制限です。

 

ところでディニクアビスの顔てピクルスに見えない?

f:id:yayayasaka:20170902222252p:plain

 

水精鱗アビスパイク

f:id:yayayasaka:20170902223425j:plain

・名称ターン1で、召喚、特殊召喚成功した時に手札の水属性モンスターを墓地に捨てて発動でき、デッキからレベル3の水属性モンスターを手札に加える。

 

召喚権を使い、さらにサーチ範囲の狭いディニクのようなカード。手札に竜騎隊を引きすぎた時にこのカードを入れてると事故が解決しやすくなるので普通に強い。またレベルも4なのもありランク4の素材にもよくなる。チェーン2以降に召喚、特殊召喚すると効果の発動のタイミングを逃すのでそこは注意。

 

サーチに水精鱗指定はないのでクラウソラスの影霊衣や水霊使いエリアをサーチしたりもできる。

 

水精鱗ーアビスグンデ

f:id:yayayasaka:20170902230621j:plain

・名称ターン1で、手札から墓地に捨てられた場合に「水精鱗ーアビスグンデ」以外の「水精鱗」と名のついたモンスターを対象にして発動することができ、そのモンスターを蘇生する。

 

かわいい。手札から墓地に捨てられると水精鱗モンスターを蘇生する。海皇と違い水属性の効果のコストになった時ではないので注意。また任意効果なので海皇などの強制効果よりも後に発動するのでアビスパイクなどのタイミングを逃すモンスターを蘇生する際は注意が必要。二回攻撃した後のメガロアビスにこのカードをコストにしながらマスクチェンジセカンドをしたら楽しいことになる。かわいい。

 

水精鱗ーネレイアビス

f:id:yayayasaka:20170902232412j:plain

・名称ターン1で、このカードを手札から捨て自分の場の水属性モンスターを対象に発動でき、そのモンスター以外の手札、場の水属性モンスターを破壊し対象のモンスターの攻守のそれぞれを破壊したモンスターの攻守ぶんアップする。

・名称ターン1でこのモンスターが場から墓地に送られた場合に発動でき、デッキから1枚ドローし、手札を1枚捨てる。

 

この前のサーキットブレイクで登場した水精鱗の新しいやつ。二つの効果が噛み合ってないのが個人的には10期のカードとして納得してはいないが、弱いわけではなくそこそこ強い。今までカバーできなかった打点面を補っていてメガロアビスのパワーを上げたら楽しいことになりそう。神宣を打たれたらゴリ押したりもできたり、守備力が高いので事故った時は裏伏せでお茶を濁したりもできる。

 

水精鱗は他にも様々存在するが今でも使われるのは紹介したカードくらいかなと。「オーケアビス」や昔からある「リンデフィアー」と言われるコンボはここでは紹介しないが弱くわないので調べる価値はあり。とりあえずメガロアビス3枚、ディニクアビス3枚、アビスパイク1枚、アビスグンデ2枚、ネレイアビス1枚は最低限確保した方がいいかなと思います。

 

サルフアビス?知りませんね…。

 

その他愉快な仲間たち

深海のディーヴァ

f:id:yayayasaka:20170903142137j:plain

・召喚成功時デッキからレベル3以下の海竜族モンスターを特殊召喚する。

・チューナー

 

デッキからネプトを呼び込め、また自身も竜騎隊でサーチ可能なレベル2チューナー。シンクロ召喚でブリューナクなどで相手の場をあけたり、虹光の宣告者で相手のカードを止めたりやまた重曹兵とでランク2を作ったりと結構重要なカード。故に現在は制限カードとなっている。初動がこのカードからの時にうららを当てられた時はお通夜。

 

海亀壊獣ガメシエル

f:id:yayayasaka:20170903144510j:plain

・相手のモンスター1体をリリースして相手の場にこのカードを特殊召喚できる。

・相手の場に「壊獣」モンスターがいる時手札から特殊召喚できる。

・「壊獣」モンスターは場に1体しか存在できない。

 

万能除去ができる壊獣の水属性モンスター。海皇水精鱗は基本的には後攻からまくるデッキなのでメインに3枚もしくは2枚投入している。ダブっても手札コストにできるのもこのデッキならではの強みの一つ。

 

氷霊神ムーラングレイス

f:id:yayayasaka:20170903150143j:plain

・通常召喚はできない。

・墓地に水属性モンスターが5体の場合のみ手札から特殊召喚できる。

・名称ターン1で、特殊召喚に成功した時、相手の手札をランダムに2枚選んで捨てる。

・このカードが場から離れた時、次の自分のバトルフェイズをスキップする。

 

ハンデスのやべーやつ。海竜族であることもあり竜騎隊からサーチできるので海皇水精鱗は結構簡単に出すことができる。

 

このデッキならではのエクストラデッキのカードたち

たつのこ

f:id:yayayasaka:20170903145454j:plain

シンクロ召喚したこのカードを素材としてシンクロ召喚する場合、手札のモンスター1体をシンクロ召喚の素材にすることができる。

・このカード以外の効果モンスターの効果を受けない。

・チューナー

 

ディーヴァ+ネプトアビスで出せるシンクロチューナー。ムーラングレイスを出すルートで使われたりと色々使われたりする。

 

湖之龍

f:id:yayayasaka:20170903151136j:plain

・ターン1で、手札を一枚捨てて相手のカードを一枚を対象にし発動でき、そのカードを破壊できる。

・名称ターン1でシンクロ召喚したこのカードが墓地に送られた場合に発動でき、デッキからカードを1枚ドローすることができる。

・チューナー

 

基本的のはディーヴァと竜騎隊から出すレベル6モンスター。水属性なので海皇カードを捨てると処理後に海皇モンスターのコスト時の効果を発動できる。

 

氷結界の龍ブリューナク

f:id:yayayasaka:20170903152135j:plain

・名称ターン1で手札を任意の枚数を捨て、捨てた数だけ相手の場のカードを対象とし発動でき、そのカードを持ち主の手札に戻すことができる。

 

元禁止カードでエラッタから復活したシンクロモンスター。海皇だとコストを払いつつ相手の場のカードを一気に手札に戻すことができる。相手の場に送ったガメシエルを自分の手札に戻して再利用したり、破壊された際に効果を発動するカードや耐性持ちのカードを手札に戻したりと、環境によるが個人的には湖之龍より使用率が圧倒的に高いカード(多分エクストラデッキの中では一番使っている)。

海皇水精鱗くらいでしか使われてないんだからシクの値段はもっと下がってもいいでしょと思っているのはまた別の話。

 

水精鱗ーガイオアビス

f:id:yayayasaka:20170903153239j:plain

・エクシーズ素材を持ったこのカードが存在する限り互いにレベル5以上のモンスターは攻撃できない。

・ターン1でエクシーズ素材を取り除いて発動でき、このカードの攻撃力の低い相手の場のモンスターの効果をそのターンのエンドフェイズまで効果を無効にする。この効果は相手ターンにも発動できる。

 

圧倒的制圧力を持つモンスター。攻撃に制限をかける効果とフリチェで効果発動時に場に存在する相手モンスターにスキドレを放つという強い効果を持つが素材が水属性しか使えないので海皇水精鱗くらいしか使われないカード。自分のメガロアビスの攻撃もできなくなるので注意。

 

キャット・シャーク

f:id:yayayasaka:20170903154253j:plain

・水属性モンスターを素材にしているこのカードは戦闘によって破壊されない。

・ターン1で自分のランク4以下のエクシーズモンスターを対象にとって発動でき、そのモンスターの攻守の元々の数値を倍にする。この効果は相手ターンにも発動できる。

 

海皇水精鱗の壁。とりあえず時間を稼ぎたい時に出したり、また重装兵を素材にすることでフリチェで相手の表側表示のカードを破壊できる。

 

No.29 マネキンキャット

f:id:yayayasaka:20170903155853j:plain

・ターン1でエクシーズ素材を取り除いて、相手の墓地のモンスター1体を対象にして発動でき、そのモンスターを相手の場に特殊召喚できる。

・名称ターン1で、このカードがモンスターゾーンに存在する状態で相手の場にモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスターの属性または種族が一致するモンスターをデッキ・手札・墓地から1体を特殊召喚する。

 

相手の墓地に水属性モンスターがいたらデッキからネプトアビスを特殊召喚できる。…だけでなくこのモンスターが場に存在するときに相手の場にガメシエルを出すと、裁定により特殊召喚の効果を起動できる。なのでこのカードが出るまでは重装・重装・ガメシエルというハンドはブタだったが、このカードの登場によってネプトアビスにつながるルートが生まれたのでこのカードの存在は結構でかい。今このカードは初動に比べて安くなってるので買うなら今のうちに。

 

他にも鋼炎竜やビッグアイ、虹光の宣告者、白闘気白鯨、ランク4やランク2などを入れると大体いい感じになると思います。リンクも入れておくと妨害されたときの逃げ道になるのでヴァレルロードやリンクリボーなどの最低限は入れておいた方がいいと思います。

 

相性のいい魔法罠

サルベージ

f:id:yayayasaka:20170903161634j:plain

水属性サポートカード。手札が単純に増えるのでコスト用を再利用できる。

 

強欲なウツボ

f:id:yayayasaka:20170903161918j:plain

手札の水属性を2枚デッキに戻し、3枚ドローするという手札入れ替えカード、初動カードを引く確率を少しでも上げたい時に。海皇水精鱗はデッキに水属性のモンスターが軽く20枚は超えるので腐りにくい。

 

ワン・フォー・ワン

f:id:yayayasaka:20170903162323j:plain

デッキからネプトアビスを出せるので必須枠に近いカード。アビスグンデをコストにしても発動しないので注意。

 

マスク・チェンジ・セカンド

f:id:yayayasaka:20170903162603j:plain

うさぎやヴェーラーなどを使われた時に持っているとケアできる。ででくるアシッドで相手のバック破壊と攻撃ダウン、または追撃などで戦闘面の補助もできる。水精鱗モンスターを墓地に送る際にアビスグンデをコストにすると墓地に送ったモンスターを蘇生できる。

 

御前試合

f:id:yayayasaka:20170903163209j:plain

メインもエクストラも基本的に水属性で戦うので無理なく入る。環境が属性のバラけるテーマばかりならメインから入れるのも全然あり。

 

貪欲な壺

f:id:yayayasaka:20170903163812j:plain

墓地に落ちたリソースを回復させるカード。初手だと弱いが中盤以降はかなり強いカードなので採用に関しては好みが分かれる。枠があれば入れたいカード。

 

他にも盤面をあけるカード、バックを除去するカードを採用したらいいと思います。

 

次回で展開についてと現在のデッキレシピを あげようと思います。高いカードはディニクアビスくらいなので是非ともこれらのカードを買ってみて組んでください。楽しいですよ。

↑海皇ミラーでボコられる様

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。誤字などがあれば言っていただけると助かります。まだまだ拙い文章でしょうがこれからもよろしくお願いします一人でも多くの海皇水精鱗を始めようとしている方に見てもらえるよう拡散などしてもらえると泣いて喜びます。


遊戯王ランキング

 

 

yayayasaka.hatenadiary.jp