遊戯王的海の家

遊戯王的海の家

海の家の人が適当に遊戯王のことを書いたりするブログ

海皇水精鱗視点だけで見る制限改訂(2018/1/1)

新しい制限改訂出ましたね。

 

 

ということで今回の制限改訂を海皇水精鱗視点から解説する記事です。あまり時間かけてないので誤字も多いし内容もそこまで深くないです。

 

ところで

 

 

 

 

 

 

この記事需要あるの?

 

その1 祝 海皇の竜騎隊緩和

f:id:yayayasaka:20170829224347j:plain 

 こんなこといってるやつなので正直かなり驚きました。

実際判明した当初は喜びより疑いの方が強かったです。これによってどうなったかというと

 

1) 竜騎隊のリソースを気にせず使える

2) 強欲で貪欲な壺の採用がワンチャン

3) ディニク竜騎隊でアバレ

 

1)は今までに加えて一枚増えたことでネプト起動時にコスト竜騎隊で竜騎隊をサーチすることがよりやりやすくなります。その後に竜騎隊がもう1枚デッキにあると考えると安心感が段違いです。あと初手に竜騎隊二枚抱えても大丈夫になりました。というか貪欲な壺も今では準制限なので単純に9枚ぶんあると考えたらだいぶワクワクしますね。

 

2)は海皇の竜騎隊が飛びにくくなったので割とありなのでは?と個人的に思っている1枚です。2枚の頃でもピンで入ってたりしたので枠さえあればありなのかもしれないです。

 

3)はこの後のにも話すことに関係するのですが、竜騎隊が3枚になったことでディニク竜騎隊でサラキ(アビスケイル◯◯装備)・VFD・ムーランができるようになりました。他にも多分展開手段はかなり広がると思います。流行りのハリファイバーを絡めたりとか考えると楽しそうです(小並感)。あと竜騎隊の枚数が増えたのでムーランを絡めやすくなりました。

 …🤔

水精鱗もしかして大人気テーマになった?(多分霊神テーマが新規にあるからだと思うけど)

 

とにかく僕は展開を考えるの苦手なんでみんな考えてください!(他力本願)

 

 

その2 FWD制限

 

とうとう制限ですね。

 

やったぜ。

 

制限になったので、植物などの先行ワンキルがかなりしにくそうになりました。

でこれが一体どう海皇水精鱗と関係しているのかというと、水精鱗先行展開の一つが死にました。

 

過去記事見てもらえたらわかると思いますが結構強いんですよね(Gに弱いのはいつものこと)。

 

もし生きていたら盤面固めながら手札にメガロとディーヴァを抱えながらデッキに竜騎隊を一枚残しておく、みたいなことができたのに…。

 

 

 

ところでなんで一枚使えるんですか?(FWD禁止派)

 

総括

 時間もあまりかけられないなかで書いたのでかなり薄い内容の記事ですが言いたいことは、

 

竜騎隊が3枚使えることを素直に喜びましょう!

 

実際フリーしていると、竜騎隊無制限やサラキアビス、貪欲な壺準制限などにより以前よりかなり持久戦にも戦えるデッキになったと思います。年末あたりに新環境での展開などについてまとめた記事を書きたいとと思っています。

 

あとSPYRALがかなり規制されたので誘発必須環境が少しましになったらいいなというのが僕の今後の願いです。

 

何か間違いや誤字、感想などあればツイッターのアカウントの方にリプを送ってくれると喜びます。アカウントはこちら

 

 ↓よろしければクリックお願いします


人気ブログランキング